源氏桜
学名:forma gurandis
(gurandisは“大型の”の意)
芽は赤色、花は淡紅色の縦すじがある。
径4.0cm程度
 

「桜川のサクラ」天然物指定11種

「磯部の百色桜」といわれ、花の形や色、匂いのさまざまな山桜が、磯部地区の桜川公園周辺に保存されています。
磯部の桜は1974年に国指定天然記念物に指定されましたが、その対象は学術的に珍しい11種の桜の品種(桜川匂・樺匂・梅鉢桜、白雲桜、薄毛桜、初見桜、初重桜、源氏桜、大和桜、青毛桜、青桜)を指し、今もひっそりと保護されていることはあまり知られていません。
「岩瀬は花こう岩の土質が桜の発芽に適し、真壁あたりまで山桜が豊富。自然に品種を増やし学術的にも貴重な地になった。ただし花見の名所になったのは大正以降のこと」磯部稲村神社宮司の磯部亮さんはそう話します。
もともと桜川は、木花開耶姫(このはなのさくやひめ)をまつる同神社を中心に馬場や広場に桜が植えられ、古くから桜の名所だったとされています。

大和桜
学名:forma insignis
(insignisは“著名な”の意)
芽はきわめて美しい濃赤色、花は純白色で
径3.0cm程度。
花弁が7〜8枚ある。


初見桜
学名:forma nova
(novaは“新しい”の意)
芽は樺色、花は白色で2.8cm程度。
花梗(花を支える枝)が細長い。

桜川匂
学名:forma odoratissima
(odorassimaは、“非常に香気のある”の意)
芽は淡茶色、花は純白色で径3.0cm程度。
強い芳香があり、花軸が短い

初重桜
学名:forma insignis
(insignisは“著名な”の意)
芽は赤色、花は白色で径2.8cm程度。
花弁が6枚以上になり、大和桜に似るが
八重の度合いが一層強い。
(写真提供:櫻川磯部稲村神社)

樺匂
学名:forma kaba-odora
(kaba-odoraは和名に因る)
芽は樺色、花は白色で径2.8cm程度。
花弁が丸く、強い芳香がある。

青毛桜
学名:forma viridi-pubescens
(viridi-pubescensは“緑色の細軟毛のある”の意)
芽は緑色、花は純白色で径2.2cm程度。
葉柄(葉と茎をつなぐ細い部分)・花梗共に
毛がある。

白雲桜
学名:forma pura
(puraは“純粋な”の意)
芽は樺芽、花は白色で径2.8cm程度。
非常に多く花を付ける。

梅鉢桜
学名:forma anqustipetara
(anquestipetaraは“狭い花弁”の意)
芽は緑色、花は白色で径2.6cm程度。
花弁がきわめて狭い。

青桜
学名:forma viridi-folia
(viridi-foliaは“緑色の葉”の意)
芽は緑色、花は白色で径2.5cm程度。
花弁は狭く、萼は緑色。

薄毛桜
学名:forma evanescens
(evanescensは“消失する”の意)
芽は黄茶色、花は白花で径2.2cm程度。
花梗等に微毛がある。